2022年11月23日 (水)

秋の京都(2,022年)

こんにちは、山本節子です。

11月20日から「秋の京都」に行ってきました。
最初に訪れたのは、吉田山にある吉田神社。

 




吉田家に興味があり、おみくじ売り場に「吉田神社とその歴史」が置いてあり
熟読しました(笑)。
それによると、吉田家はもともと卜部氏で、朝廷に仕えて陰陽寮で占いを司っていた古い家柄。
一族には学者・文人が多く輩出され、吉田兼好もその一人です。
現在は節分の日に全国から多くの人が集まり厄払いをしているようです。

 

 

お昼ご飯は、その山頂付近にある「茂庵」。
迷子になりそうな小高いお山を登ると、小鳥が「チチチ…」と迎えて案内してくれます。

Dscn1118

「茂庵」はコロナ禍でしばらく休業していたようですが、
今年の11月~12月の1か月間は、有志が仕出し弁当を買って営業しているようです。
「忙中閑」の静けさですが、お弁当は味が濃くて冷たかったのが難でした。

 

Dscn1151

京都駅南に位置する東寺。
その中にある「観智院」は、宮本武蔵の「鷹の図」で有名です。
吉岡一門と一乗寺下り松の決闘後に、
吉岡一門からのがれて観智院の一室に隠れ、数年間住んでいた時に
「鷹の図」などの墨絵を書いたそうです。
見ていると鋭い気迫が感じられます。
お庭の松が素晴らしく、人も少なかったので、しばらく日向ぼっこをしていました。

Dscn1174    

東福寺の埠頭寺院の一つに、「雪舟庭園」と言われる文陀院があります。
その2畳半の茶室と4畳半の茶室は見事でした。

Dscn1179  

丸窓のある4畳半の茶室。
侘び茶がおいしく頂けそうです。

Dscn1217

Dscn1219

嵯峨野にも足を延ばし紅葉を堪能しました。

Dscn1209

行きたかった「落柿舎」も家の中まで見ることができました。

「落柿舎」は元禄時代の俳人向井去来の居で、芭蕉がたびたび訪れています。
元禄4年に1か月間滞在して記したものが「嵯峨日記」です。

京都は歴史好きの人にはたまらなく魅力的で、何度言っても飽きない街です。
定年後になると、嵯峨野界隈に移住する人も多くいらっしゃるそうです。

 

 

|

2022年11月13日 (日)

毛利和子さんの彫金展!

こんにちは、山本節子です。

今日は、芸大美術学部工芸家卒、彫金を続けて50年。
数々の大賞を受賞され、大学で講師もされていらっしゃった
(ごるふ歴も長い^^)毛利和子さんの彫金展をご紹介します。

「顔」や「少女」をモチーフに、「前向きに進む女性」をテーマに数々の作品
を制作していらっしゃいます。

Photo_20221113162901

 

2022年11月15日(火)まで、豊島区駒込1‐40‐14 アクロスにて
個展を行っていらっしゃいます。
ご関心のある方は、どうぞ足をお運びください。

|

樹木葬のいろいろ!

こんにちは、山本節子です。
気が付くと、すでに11月中旬。
前回のブログから早や4か月過ぎていました。

月日のなんと早いこと・・・。

9月6日に「子どもにかけるお金を考える会」のみなさんを中心に樹木葬見学ツアーに行きました。
(株)アンカレッジの設計した花と緑に囲まれた庭園型のお墓です。

従来のお墓と異なり、夫婦型、1人型、ペットと一緒などいろいろなサイズのお墓があり、
費用もリーズナブルです。

 



 

「〇〇家」という従来の家族中心のお墓と異なり、
それぞれが自由気ままに自分の生き方をお墓まで選べるという現代的な形は、
明るくサバサバしています。

お参りに訪れる人も明るい気持ちで手を合わすことができそうです。

新しいお墓の形です。

|

2022年7月14日 (木)

「安倍晋三さんを死なせたのは誰だ」の記事

昨日、永田町の自民党本部に行って献花をしてきました。

家の中にいてニュースを見ながら鬱々とするよりも、手を合わすことにより、
気持ちがスッキリしました。

Photo_20220714224801

夕方になって、ヤフーニュースだったでしょうか・・・
「安倍信三さんを死なせたのは誰だ」という過激なタイトルをみつけ、
つい読んでみたところ、共感したので貼り付けます。


https://news.yahoo.co.jp/articles/aaa5cc4c5e0def12f71e3bd253a6f22c8aa97915

鬱々とした気持ちはこれだったのだと思いました。

 

 

|

2022年7月12日 (火)

安倍元総理のご冥福をお祈りします!

7月2日、安倍元総理の葬儀がおこなわれました。

ご冥福を心よりお祈り申し上げます。

美しい日本をこよなく愛し、私達日本人を守るためにたくさんの活動をしてくださいました。

本当にありがとうございました。

 

素晴らしいリーダーを私たちは失ってしまいました。

いまだに喪失感と憤りは消えません。

 

昭恵夫人が弔辞で、安倍元総理が尊敬する吉田松陰の「留魂録」にちなんだ話をされていました。

「留魂録」は吉田松陰が30歳で亡くなる前に、小伝馬町の牢内で書き残した遺書です。

なかでも人間の一生を四季に例えた死生観は有名です。

 

「政治家としてやり残したことは沢山あったと思うけれど、

本人なりの春夏秋冬を過ごして、最後冬を迎えた。

種をいっぱいまいているので、それが芽吹くことでしょう」

 

私たちは、安倍元総理のまいた種が芽吹くように、

1人1人がこれからの日本を守っていかなければいけない。

 

合掌

 

|

2022年6月11日 (土)

北鎌倉の明月院と建長寺と円覚寺

こんにちは、山本節子です。

6月となり、紫陽花の季節になりました。

梅雨合間、以前から行きたかった北鎌倉の明月院と円覚寺と建長寺に行ってきました。

北鎌倉の駅からは多くの人が降り、明月院は相変わらずの混雑ぶりです。

Dscn1034jpg1

Dscn1039jpg1

建長寺の三門を通ると、樹齢760年の柏槇の見事な大木が目にとまります。

さすが禅寺だという力強さです。

Dscn1045jpg1

法堂には、千手観音座像などが安置されています。

Dscn1049jpg1

円覚寺には、毎日修行をされている風雅が残っており、法堂には有名な「佛心」の屏風が目に留まります。

Dscn1061jpg1_20220611141101

帰りに購買部で横田南嶺老師の言葉が書かれている「禅語日めくりカレンダー」を買い求めました。

 

|

2022年4月16日 (土)

昭和記念公園のチューリップ!

こんにちは、山本節子です。

 

昨年6月15日から始めたメルマガが、今年3月30日に30回で、無事終えることができました。

子育てに関係する東洋思想の良いまとめになりました。

これを「成形の功徳」というそうです。

形にまとめることにより、自分にも人にも功徳になるという意味です。

 

その後、FP相談や執筆の仕事が立て続けにあり、ひさびさ「超」がつく忙しさでしたが、

日経新聞に「昭和記念公園のチューリップ」の写真がでており、4月中旬が見頃とのことで、

明日から雨がふるというお天気の前に、サッ~と出かけてきました。

 

新宿から特快に乗って西立川駅で下車。

駅のすぐそばにある「昭和記念公園」です。

Dscn0994jpg1 

 

 

Dscn0982jpg1

 

Dscn0970

 

Dscn0988

 

Dscn0967jpg1

多くの方が写真を手に、パチリ、パチリ・・・

ワンちゃんとチューリップを、パチリ、パチリ・・・

見事なチューリップ達でした。

|

2022年1月10日 (月)

今年の初雪

こんにちは、山本節子です。

1月6日は、東京圏も今年初めての雪が降りました。

相談場所にしている銀座にも雪が降りました。

午前中に、今年最初のFP相談を終え、エレベーターで1階におりたら、

初雪がはらはらと舞い落ちて、その美しさに思わず息をのみました。

 

Ginnza

|

2022年1月 3日 (月)

2022年謹賀新年

2022年、明けましておめでとうございます!

 

今年のお正月は、昨年と異なりみなさんと集まることができました。

1年に1度は、ご縁のある多くの人と集まって、ワイワイと賑やかに過ごせることは、本当に幸せなことです。

楽しい時間を過ごすことができました。

Dscn0930jpg1 

3日は近所にある「とげぬき地蔵」にお参りをしてきました。

Dscn0924jpg1

昨年と異なり、巣鴨のとげぬき地蔵の高岩寺も地蔵通り商店街も

人手が戻って賑やかでした。

嬉しいことです。

 

今年も健康第一、家内安全で過ごしたいと思います。

本年もどうぞよろしくお願い致します。

|

2021年10月25日 (月)

「楽しい子育てメルマガ」を配信!

こんにちは。

6月15日から、「楽しい子育てメルマガ~子どもの人格の育て方・鍛え方~」を配信しています。

毎月5日、15日、25日の月3回のペースです。

https://www.mag2.com/m/0001694729?reg=new-pickup-pay

「楽しい子育てメルマガ」で検索できます。


マスコットの名前はたっくんです。

サンプル文章もありますので、読んで頂ければ趣旨が伝えるのでは…と思います。

 

Photo_20220103162801

(ボク、たっくんです。よろしく!)

|

«慶應MCCの「墨子」と萩焼の坂倉氏