« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

2009年6月28日 (日)

東京サドベリースクール

こんにちは、山本節子です。

沖縄の梅雨明け宣言もあり、東京の夏も間近の気配ですね。

いかがお過ごしでしょうか?

今日は「東京サドベリースクール」の説明会&講演会に行ってきました。

「東京サドベリースクール」とは、本田健さんとヒロミさんのお2人で1年前に作られた学校です。

アメリカのボストンで40年続くサドベリースクールの考え方をモデルに実施されています。

以前、打ち合わせでオフィスに伺った時に、子供達の屈託のない笑い声や階段を上がり降りするドタバタという子供達の楽しそうな足音に驚いて、「本田健さんのお子さん達ですか?」と、スタッフの方にお聞きしたところ、「サドベリースクールという学校を行っているんですよ」という説明を聞いてから、興味を持ったことがきっかけです。

数十年前になりますが、私の3人の子供の子育てをするにあたって、ありとあらゆる育児書を読みました。しかし、当時の最前線と思われる育児書は「理性」を育てることが最優先される理性教育ばかりでした。

公文式は公文公さんのお子さんを良い大学に入れるために作成されたドリルですし、七田真さんのドリルも脳力を育てることを優先する細かいカリキュラムが組まれていました。

「有能な主婦である証は、良い学校に入れることだ」と考えていた私は、3人の子供に公文式ドリルをさせて、お兄ちゃん、お姉ちゃんの後ろ姿を見て育った3番目の子供は、「幼児方程式者」となって表彰されました。

「幼児方程式者」というのは、小学校に上がる前までに、足し算、引き算、掛け算、割り算の計算式である四則混合ができる子のことで、その子たちを集めて表彰してもらい、皆さんの前でプリントを披露するといったセレモニーもありました。

知能指数(IQ)を高くすることを優先していました。

子どもたちは現在、それぞれ巣立って、それぞれの生活や仕事をしていますが、その教育が良かったのかどうかは本人達に聞かないとわかりません。

世界は大きく動き、いろいろな分野で過去の清算をして現状にあった見直しがなされていますが、人間を育てる1番大事な教育分野はまだ手つかずのような気がします。

最も急ぎ、最も重要な分野だと思うのは、私1人ではないのではないでしょうか!

お隣に20代、30代の若いパパやママが参加されており、お話をさせて頂きましたが、上手に子育てをしていらっしゃる優秀な方々で、私の時よりも賢明に時代を乗り越えていらっしゃることを実感しました。

しかし、1人で悶々と子育てで悩んでいらっしゃる方も少なくないと思います。

そんな方へ何かお役に立てることがあったらいいなぁと考えています。

|

2009年6月21日 (日)

「ミュータント・メッセージ」の本の紹介

こんにちは、山本節子です。

今日は、マルロ・モーガンの「ミュータント・メッセージ」の本をご紹介します。

この本は、1人の白人女性がオーストラリアの原住民であるアポリジニ部族と一緒に砂漠を旅をしながら、その間の数々の体験を伝える形式をとっています。

「ミュータント」とは突然変異の意味で、私達現代人のことを指しています。

「宇宙はすべて幸せになるように回っているのに、ミュータントは何故不幸な人生を選ぶのか、あなたはミュータントだ!」

「宇宙から与えられた才能を知らないまま一生を送るミュータントがいるというのは本当なのか?」

「人生はセルフ・サービス。自分の人生を豊かにするのは自分であり、そうしようと思えばいくらでも創造的な幸せな人生が送れる」

などなど、私達への強烈なメッセージが随所に込められています。

「ミュータント・メッセージ」は24カ国で刊行され、世界的ベストセラーとなりました。

角川文庫533円です。

ところで、今日のお昼はビジネス・パートナーと共通の友人と3人でお昼を一緒にしました。

オフィスの近所にある穴子料理で有名な「たまい」で、「穴子箱めし」をオーダー。

「蒸し」と「焼き」の2種類があり、とろけるような柔らかいあなごを出来立ての熱々で頂きました。

会話も弾んで、気がついたら夕方。楽しい1日を過ごすことができました。

|

2009年6月18日 (木)

「住宅ローン上手な借り方・返し方」書店にて好評発売中!

こんにちは、山本節子です。

今日も梅雨空でハッキリしない天気ですね。お元気ですか?

今週から本屋さんで「年収400万円でも買える!住宅ローン上手な借り方・返し方」(ブティック社)のムック本が発売されています。

住宅ローンの書籍はこれで3冊目となりますが、今回が1番書きたいことがまとめて書けたと思います。

事例はすべて年収400万円台の人を想定しています。

とにかく「初めてのマイホームの夢は小さく!無理な買い物はしない」ということと、「住宅ローンは自分に合った条件を自分で決めることが大切」ということも強調しています。

私自身も、初めての住宅は中古マンションで、住宅ローンも無理なく返せる金額でした。

FP相談でも、上手な家計で将来もゆとりのある生活が送れる人は、全てといっても良いくらい、収入にあった無理のない住宅を購入していらっしゃいます。

そんな効率的に物事を考えられる人は、どういうわけか資産価値のある住宅を上手に選んでいらっしゃいます。

当本は、各ページに住宅ローンの借りるコツだけでなく、物件の見つけ方のコツも「住宅ローンの奥義」でまとめています。

アマゾンからでも購入できます。

見つけた方は手にとって読んでくださいね。

http://www.amazon.co.jp/%E4%BD%8F%E5%AE%85%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%B3%E4%B8%8A%E6%89%8B%E3%81%AA%E5%80%9F%E3%82%8A%E6%96%B9%E3%83%BB%E8%BF%94%E3%81%97%E6%96%B9%E2%80%95%E5%B9%B4%E5%8F%8E400%E4%B8%87%E5%86%86%E5%8F%B0%E3%81%A7%E3%82%82%E8%B2%B7%E3%81%88%E3%82%8B-%E3%83%96%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%83%A0%E3%83%83%E3%82%AF-No-797-%E5%B1%B1%E6%9C%AC/dp/4834757978/ref=sr_1_11?ie=UTF8&s=books&qid=1245292064&sr=1-11

 

|

2009年6月16日 (火)

FP技能士3級試験対策講座始まりました!

こんにちは、山本節子です。

今日の夕方は雷とすごい雨でしたね。

そんな中、今日から武蔵野大学のFP技能士3級対策講座が始まりました。

今年は不況の影響なのか、どの業種にも関わりのある「お金」の内容だからなのか、30名定員のうち、32名も集まりました。

しかし、なんといっても多くの学生さんが関心を持った理由は、昨年の合格率が学科90.9%(平均81.03%)、実技81.8%(平均38.21%)と、実技試験のほうは、なんと平均より2倍以上の高合格率だったからでしょう。

いつもの教室が満席で、20歳前後の女子と男子が座って熱心に聞いているのを前から見ていると、こちらも自然に熱が入ってきます。

4人の講師もやる気満々です。

今年も昨年同様の高合格率を目指して、頑張ります。

85

|

2009年6月 8日 (月)

オフィスにお花が来ました!

こんにちは、山本節子です。

(株)リスタートも1年半を迎え、友人からお花を頂きました。オフィスも華やいでいます!

Imgp0309

独協大学の「お金とココロ術」も5回が終わりました。

出席された方から・・
・シングルなので老後の資金問題を解決したい
・リストラとなり生活の再構築をしたい
・ライフプランを考える上で必要性を感じているから
・FPの基本的知識を習得したい・・・などさまざまな動機の中にも、、

・ココロ術に惹かれた
・今後の生活に何かヒントを得たい
・お金のみならずココロのテーマに惹かれた

という動機を頂いていました。

最後の日には、お隣同士でお互いの強みを見つけあったり、インタビュー形式で目標を探してあげたりという共同作業を通して、自己認知力を高める方式をとりました。目標を実行するモチベーションも高くなり和気あいあいの中で終わることができました。

昨日は、新築タワーマンションへ引越しした友人宅へ集まり、「アクティブ・ブレイン」の勉強会をしました。

言葉をイメージとイメージでつなぎ合わせて記憶するという方法は、私にとっては新鮮で新たな発見がありました。

(夕食は、新型インフルエンザの影響でメキシコ旅行を断念した仲間のために、みんなでタコス料理を作り、打ち上げをしました。)

Imgp0310

|

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »