« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

2009年7月19日 (日)

NHKの「マネー資本主義」の番組を見て・・

こんにちは、山本節子です。

連休の合間、いかがお過ごしでしょうか?

今日の日曜日は、NHKの「マネー資本主義(4回目)」を見ました。

テーマは「金融工学」でした。

ご覧になっていない方へ簡単に説明しますと・・・

米ソ冷戦後、核開発が必要なくなったため、世界中の物理学者や数学者がアメリカのマンハッタンに集まり、その優秀な頭脳を金融市場で役立てるようになりました。

番組では、クオンツ(数理分析専門家、金融市場分析家)と呼ばれる数名をインタビューしながら、CDSやCDOの組成方法を簡単に説明したり、サブプライム破綻の経緯を映像で流していました。

1番印象に残ったのは、金融危機後に、そのクオンツ達がどのように過ごしているかです。

1人は、新たに世界中の地震や津波・インフルエンザの統計をもとに、新しい金融商品の開発に取り組んだり、1人はコンサルタント会社を設立したり、もう1人は、カキの養殖を手がけている様子を映していました。

カキの養殖をしている人へ、「他の金融業者は、今年もたくさんボーナスをもらったようですが・・・収入は少なくなりましたか?」という質問にたいして、肩をすくめて、「雲泥の差だけれど、生きていくにはこの稼ぎで充分だよ」と言っていました。

これまでの収入で、敷地や住宅や養殖するだけの湖も手に入れることができたのでしょうが、「もう戻る気にはならない」と眉をひそめて言っていました。

「お金があると不幸にはならないけれど、お金があっても幸せは買えない」ということですね。

ところで、私は、専業主婦の頃から債券や株式の売買をし続けて、投資歴25年以上になります。

当時は投資のことを詳しく教えてくれるセミナーはなかったので、数少ない株式投資の本を精読したり、FPの資格を取ったり、IS-LM-BP分析を理解したかったため、証券アナリスト検定会員補の資格を取りました。

知識武装して投資の売買をしていたものの、今回の金融危機をキッカケに、人間の欲得で動く相場を好きになれず、現在は傍観視しています。

もちろん仕事上、相場の動きは知っていないといけないので、少しの売買は心がけていますが・・・

そして今日は、芳村思風先生の「人間境涯論」という本を読んでいました。

その中で、ドイツの哲学者カールヤスパースの「今、人類は第2の精神的枢軸の時代を迎えている」という言葉が出てきます。

第1の精神的枢軸の時代と言うのは、

「ギリシャのソクラテス、プラトン、アリストテレス
中東のイエスとその弟子
インドの釈迦
中国の孔子や老子や荘子」

思風先生は、「ヤスパースも言っているように、過去にない新しい精神のめざめを迎えている(2006年の講話)」とのこと。

「西洋の時代から東洋の時代へを文明の中心が大きく変化しようとしている中で、とくに財力や文化や経済力や人間性を持っている日本人が世界に貢献するという自覚を強く持たなければいけない」

と言い続けていらっしゃいます。

これから私に何ができるのか、少し時間のある夏の間に考えてみようと思っています。

|

2009年7月13日 (月)

日曜日の1日!

こんにちは、山本節子です。

いかがお過ごしでしょうか?

昨日の日曜日は都議選の投票日だったので、朝起きて近所の小学校で投票してきました。

その足で、A&E(Approach&Excellence)~自己実現への道~という土・日2日間の最後の日の研修を受けてきました。講師は 仏教学者でもあり、気学や易へも造詣が深い村山幸徳先生です。

http://www.mindzoom.co.jp/04_schedule/schedule_p_ki_jyuku.html

夕方研修が終わり、夫と娘は夕飯がいらないということだったので、小田急百貨店のバーゲンをブラリ!しかし、慣れない場所は疲れるのでそのまま帰宅しました。

すると、どういうわけか1人暮らしを始めたはずの息子が、リビングで母特製の夏野菜入りカレーをパクついているのでびっくり!

今日の日曜日は、2つ所属している草野球の1つの練習日だったらしく、大量の洗濯物が置いてありました。

今朝は朝からその洗濯をしながら、週明けのこまごました仕事を片付け始めています。

ところで、やはり都議選の結果は民主党が圧勝しましたね。

明治維新後約150年、戦後約50年かけて作り上げてきたものが変革し始めるきざしなのでしょうか・・・。

管理や命令や支配でなく、私達1人1人が暮らしやすい社会になるよう、お金とココロの両面からしっかりサポートしていきたいと思っています。

|

住宅ローンのムック本の中身検索ができます!

「年収400万円台でも買える!住宅ローンの上手な借り方、返し方」のアマゾンでの中身検索ができるようになりました。

下記からご覧ください!!

http://www.amazon.co.jp/gp/reader/4834757978/ref=sib_dp_pt#reader-link

|

2009年7月10日 (金)

住宅の住み替え

こんにちは、山本節子です。

最近、住宅ローンや住宅購入後の生活見直しのFP相談が増えています。

住宅は、家族構成によって必要な広さが異なります。

結婚⇒出産⇒子供の成長⇒子供の独立というように、家族の成長によって住まいの必要な広さも異なります。

我が家の場合も例外でなく、1DKの賃貸から3DKの賃貸→3LDKの中古マンション購入→4LDKのマンションと3人の子供の成長に従って、住まいを転々と引っ越してきました。

子供が小学校高学年から中学時代にかけて、身体的にも精神的にも成長する時期には、リビングで身体がぶつかるたびに、「広い家がほしい~~」と、切実に願ったものです。

昭和60年代から平成バブルまで、少しづつ広い住まいにヤドカリのように引っ越しすることができ、しかも、税金の売却益の優遇制度が利用できる良い時代でした。

現在は5LDKの一戸建てに住んでいますが、1昨年、長男は仕事場に近い(自宅からでも結構近いのですが・・)賃貸マンションへ引越しました。

そして、昨日、末っ子も賃貸マンションへ引越しをしました。

今日から夫と娘の3人暮らしが始まります。

将来は、現在の住まいを賃貸に出して、家賃は年金がわりに…と、FPという職業柄、世知辛いことを考えています(笑)。

住宅を購入する前は、将来、売却や賃貸に出すかもしれないことを考えて、その時にはできるだけ良い条件で、そして強気の立場で交渉できる住宅かどうかは、住宅を購入するときの重要なポイントですね。

|

2009年7月 3日 (金)

FP3級の勉強頑張ってくださいね!

こんにちは、山本節子です。

昨日のFP3級対策講座、お疲れさまでした!

ライフプランと不動産・金融と3科目続けて担当しましたが、昨日で前半の山本分の担当は終わりました。

今年度は定員30名のクラスに32名応募。しかも、通常の授業後の夕方6時からにもかからわず毎回2~3人の欠席だけ。「合格してやるぞ~」というみなさんの熱意が伝わってきました。

私も皆さんと授業をすることができてとても楽しかったです。

1人でも多くの方の顔を覚えられるよう話しかけたので、質問して下さった方、前に座っている方、お話をした方、多くの方の顔を覚えることができました。

日経新聞の月曜版の紙面に記載されている統計データの見方は理解できたでしょうか?

今度は夏休みの後半に登場しますので、その時に困るくらいの質問が来ることを楽しみにしていますね。

では、勉強頑張ってください!

|

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »