« FP3級の勉強頑張ってくださいね! | トップページ | 住宅ローンのムック本の中身検索ができます! »

2009年7月10日 (金)

住宅の住み替え

こんにちは、山本節子です。

最近、住宅ローンや住宅購入後の生活見直しのFP相談が増えています。

住宅は、家族構成によって必要な広さが異なります。

結婚⇒出産⇒子供の成長⇒子供の独立というように、家族の成長によって住まいの必要な広さも異なります。

我が家の場合も例外でなく、1DKの賃貸から3DKの賃貸→3LDKの中古マンション購入→4LDKのマンションと3人の子供の成長に従って、住まいを転々と引っ越してきました。

子供が小学校高学年から中学時代にかけて、身体的にも精神的にも成長する時期には、リビングで身体がぶつかるたびに、「広い家がほしい~~」と、切実に願ったものです。

昭和60年代から平成バブルまで、少しづつ広い住まいにヤドカリのように引っ越しすることができ、しかも、税金の売却益の優遇制度が利用できる良い時代でした。

現在は5LDKの一戸建てに住んでいますが、1昨年、長男は仕事場に近い(自宅からでも結構近いのですが・・)賃貸マンションへ引越しました。

そして、昨日、末っ子も賃貸マンションへ引越しをしました。

今日から夫と娘の3人暮らしが始まります。

将来は、現在の住まいを賃貸に出して、家賃は年金がわりに…と、FPという職業柄、世知辛いことを考えています(笑)。

住宅を購入する前は、将来、売却や賃貸に出すかもしれないことを考えて、その時にはできるだけ良い条件で、そして強気の立場で交渉できる住宅かどうかは、住宅を購入するときの重要なポイントですね。

|

« FP3級の勉強頑張ってくださいね! | トップページ | 住宅ローンのムック本の中身検索ができます! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事