« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

2009年10月23日 (金)

今後の経済動向は?

こんにちは、山本節子です。

昨年のリーマンショックから1年が過ぎました。

日経平均も1万円を取り戻し、マーケットは落ち着きを取り戻したように見えます。

日本の代表的な銘柄であるトヨタ自動車の株価は、昨年の今頃は大きく下げ、2週間でなんと1500円も急落しました。

2009年の赤字発表どころか、2010年の2期赤字を発表したのですから無理もありません。世界同時不況の凄まじさを感じます。

そのトヨタの株価も、現在は3380円から4100円を行きつ戻りつのボックス圏。上昇か下降かを模索している状況です。

ところが、不動産市況を見ると、明らかに買い手市場、借り手市場です。

賃料を値切るのは当たり前。敷金・礼金が2か月2か月ではほとんど借り手はつきません。

礼金ゼロ、敷金1か月も当たり前になっています。

優良住宅地域と言われている3A+G(青山・赤坂・麻布・銀座)も空室が目立ってきています。

これから年末にかけてリストラ・賃料の下落もあり、財布のヒモも固くなることでしょう。

ひょっとして来年にかけて2番底もあるかもしれません。

昨年以降、リーマンショックの原因は何も解決されていないような気がするのは私だけでしょうか。

しかも、国債は大量に発行され続けています。あの「国債30兆円死守」はどこに行ったのでしょうか?

年末に発表される歳出・歳入の内容に関心を持っていたいものです。

|

2009年10月19日 (月)

第30回東京岐山会開催

こんにちは、山本節子です。

すっかり秋らしくなりましたね。

独協大学のオープンカレッジも2回目を終えました。

教室からは、これから紅葉を迎える木々の深緑が疲れた目を癒してくれます。  

 Imgp0344

17日(土)の講義のあとに第30回東京岐山会に行きました。

東京岐山会とは、山口県徳山市(現周南市)の徳山高校出身者の東京での集まりです。

30周年の24日は100名以上の方々が集まり、盛大な会が催されました。

集まりに行くと、故郷を思い出します。

私の旧姓は「千治松(ちじまつ)」と、少し長い名前です。

同窓会に行くと、皆さんが「千治松さん」とか「せっちゃん」とか呼んで下さいます。

父は徳山市の内科医をしていました。

中学校の校医や徳山医師会長を3期つとめたせいか、少し名前が知られているようで、当時は、自宅にもいろいろなお客様が来られました。

折しも、高度成長時代。

石油コンビナートのある徳山市は、公害都市になってはいけないと、当時の市長さんだった高村坂彦氏(現在自由民主党の高村正彦氏のお父上)がよく自宅に訪れて、応接間で父と対策を講じていたものです。

お客様のお茶出しは私の役目だったので、ドアをノックしてご挨拶をしたことを思い出します。

10月末は姉の命日、11月は父の命日です。

第30回東京岐山会では、姉の同級生が会の中心的なお世話役係。

姉が元気だったら、一緒に活動していただろうな~と思うと、自然と目頭が熱くなってしまいます。

|

2009年10月 9日 (金)

独協大学のオープンカレッジ8年目が始まります!

こんにちは、山本節子です。

台風一過でしたね。

昨日は風が強く、我が家のコスモスは無残な姿になりました。

でも、金木犀は花びら1枚も飛ばされませんでした。

今日も甘い香りで幸せを運んでくれています。

Imgp0175_2

明日から、独協大学のオープンカレッジが始まります。

今年は開講8年目。

有難いことに、毎年たくさんの方へ受講していただいています。

今年は24名の方が参加して下さるそうです。

|

2009年10月 3日 (土)

コスモスの季節ですね!

こんにちは、山本節子です。

すっかり本格的な秋になりましたね。

我が家の玄関前では、コスモスがぐんぐん伸びて、華やかさを振りまいています。 

「女ひとりで生きていく(仮)」もそろそろ終わりが見えてきました。

昨年2008年は、「変わりたい、女性のための夢実現ノート」と「女ひとり、お金に困らない生き方」。

2009年は「住宅ローン、上手な借り方、返し方」と、おかげ様で2年にわたって3冊の本を出版することができました。

さすが、4冊目は疲労困憊です。少し出口が見えてきたので、ホッとしています。

今回取材を通して、30代、40代のシングル人口がとても多いことをわかりました。

もちろん男女ともにです。

シングルライフをエンジョイできるのは、ある程度のハードルがある気がします。

もちろん、お金に困らないことは1番大切ですが、明るく前向き、人が好き、やりたい仕事がある・・・など1つでも当てはまらない人は、「結婚」という制度も悪くないのでは・・

今の制度が続いている限り、とくに女性は「結婚」という制度は税金面・法律面からも守ってくれていることを知ってほしいですね。

Imgp0333 Imgp0331

|

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »