« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

2010年8月28日 (土)

リビング柏にて「FP3級対策講座」を開催します!

こんにちは、山本節子です。

女性に人気のある「FP3級対策講座」を、千葉県柏市にて9月からスタートします。

・子育てが1段落し、再就職を有利にしたいと考えている女性!

・FP講座は全10回(1回2時間)で行いますので、忙しい方にもピッタリ!

それに先立ち、無料説明会を、サンケイリビングのかしわカルチャールームにて開催します。

無料説明会の講師は、両日私が行います。

資格取得するまでや、資格を活かす方法など納得のいくまでお話しします。

多くの方のご参加をお待ちしています!

日時:9月10日(金)、9月14日(火)10:30~11:30

場所:サンケイリビング社東葛本部(柏市末広町14-1 明治安田生命柏フェイム9階)

説明会の申し込みはお電話で:04-7141-7261(月~金 午前10時~午後5時)

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

私は45歳まで、職歴一切ナシの専業主婦でした。

「社会へ出て働きたい!」と思っても、履歴書に書くような職歴もなく、働きたい職場ではすべて落とされていました。

そこで、FPの資格を取ることから始めました。

当時はFP3級の資格はなく、いきなりAFP(現在のFP2級と同レベル)の勉強から始めました。

とても難しかったのですが、現在はFP2級の前段階であるFP3級があります。

お金の入り口として、とても勉強しやすくなっています。

このような私のことを、今日の「リビングかしわ」の編集長インタビューで記事が掲載されました。

Img

|

2010年8月26日 (木)

獨協大学のオープンカレッジ、予約が始まりました!

こんにちは、山本節子です。

今日も暑い1日でしたね。

でも、朝や夕方は、秋を思わせる風がふき、すぐそこまで来た秋の気配を感じさせてくれます。

ところで・・

昨日の日経平均株価は、8900円を割り込み、8845円まで下がりました。

夜7時のNHKニュースでは、女性の個人投資家が登場して、「もう少しの我慢ですね・・」とコメントしていました。

(彼女は私の知り合いで、いきなりテレビの登場に驚きましたが)

今日の終値は8906円と、かろうじて8900円台を維持しました。

株式はサーフィンと同じで、「下がって買い、上がって売り」の波に乗れるようになるまで、経験が必要です。

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

さて、獨協大学のオープンカレッジの申し込みが開始されました。

私が担当する「資産運用とマネープラン」は10月2日から始まります。

http://www.dokkyo.ac.jp/opencollege/oc02_01_j.html

パワーポイントを使いながら、検索機能を使って、実際の商品の売り買いのポイントと注意点を見ていきたいと思います。

先着順なので、お早めにお申し込みください!

お申込み・お問い合わせはTEL:048-946-1678 open-college@stf.dokkyo.jp

|

2010年8月22日 (日)

女性と仕事の未来館のセミナー

こんにちは、山本節子です。

昨日は、女性と仕事の未来館で、「おひとりさまで大丈夫?豊かな人生を描くお金とココロ術!」のセミナーでした。

オシャレで美人で教養のある都会的な女性が、たくさん参加して下さいました。

3時間と長丁場でしたが、お金の話だけでなく、ココロの話や参加者同士で話し合うワークも取り入れたので、アンケートもとても好評だったとのことでした。

男女参画社会に関係する他の区の方も見学にいらしており、早速、同じようなセミナーの依頼を頂きました。

これも未来館の関係者のみなさまのおかげです。

ありがとうございました。

そして・・

2人の友人が、ステキなチラシやたて板を作って、本の販売を手伝ってくれました。

ちょっと欲張って、ショッピングカーで本をたくさん持って行きすぎてしまい、帰りは、またゴロゴロとショッピングカーを引きずって帰宅。

途中、田町駅前で友人と3人で反省会とお疲れさま会をしました。

そのビールが、なんと美味しかったこと!

お疲れさまでした!

Imgp0646_2 

             Imgp0652_3

Imgp0649

|

2010年8月18日 (水)

お盆の帰省

こんにちは、山本節子です。

私の郷里は、山口県周南市(旧徳山市)。

瀬戸内海に面した石油コンビナートがある街で、高校3年の18歳まで過ごした場所です。

毎年、お墓参りだけのトンボ帰りですが、たまたま今年は中学校の同窓会と重なったので、数十年ぶりに参加しました。

会う人、会う人・・本当に懐かしいですね。

顔に刻まれた風雪の奥の中は、毎日学校で逢っていた中学生のまんま。

まるで映写機を反対に回したように、当時の自分の心模様を思い出してしまいます。

そして・・・

徳山から帰宅した昨日は、月曜ゴールデンの「恋空」を見てしまいました。

三浦春馬と新垣結衣の若い2人の演技はとても繊細で、「2500万人が涙した」という触れ込み通り、涙してしまいました。

1度しかない青春は、手から淡雪のように溶けて消えてしまう、そんなかけがえのない時間だったような気がします。

|

2010年8月12日 (木)

お盆休みで電車はガラガラ・・

こんにちは、山本節子です。

今日はオフィスから帰宅するため、夕方6時ごろ山手線に乗りました。

いつもは満員で吊り皮を持つだけで精一杯なのに、今日はなんとガラガラ状態・・

本格的なお盆休みですね。

8月の予定はゆるゆるなので、「普段できないことをじっくりとりかかろう・・」と思っていましたが、昨日、今日と取材が入り、世間はお盆休みなのに、何かしら仕事をしている状態です。

昨日はリビング新聞、今日は「高校進学ガイド」の取材でした。

取材に先駆けて、文部科学省の「平成22年度学校基本調査速報」や「教育政策の総合的推進」、「文部科学白書」など、今まで目を通したことのないデータを見ることができました。

新しい仕事は、次の執筆に活かせるので、本当に有難いです。

10月からは・・

FP3級技能検定3級の対策講座を、リビング柏校で「ミセスのリスタート応援講座」というタイトルで始めます。

また、日本橋のオフィスでも少人数ですが、同様のFP3級取得講座を始めようと、チラシ作りも進めています。

また、ブログやHPで告知させて下さい。

|

2010年8月 2日 (月)

NHKテレビ「日本と朝鮮半島」

こんにちは、山本節子です。

今日は、NHKで「日本と朝鮮半島」第5回の放映がありました。

昨年から、このシリーズはずっと見ています。

このシリーズの途中で、豊臣秀吉の文禄の役や慶長の役の朝鮮出兵では、日本人が残虐な侵略をしたことも、克明に放映していました。

「NHKでこんな放送をするべきではない」と言う知り合いもいました。

私には、過去の歴史を隠すことなく報道する時期に来たのだと、ある種、感慨深い思いで見てきました。

今日は、1965年の日韓国交正常化を中心に資料や証言で追跡。

岸信介、池田隼人、佐藤栄作、大平正芳など私の知っている総理大臣も出て、私の育ってきた時期とも重なって、懐かしく、見ごたえのある番組でした。

明治維新後、日本は欧米を通して、列強に追いつくためにアジアを見ていたのかもしれない。

けれど、日本の歴史を振り返ってみると、明治維新前の文化といえば、アジア大陸から伝来してきたものばかり。

アジアは、私たちの身近な国だったということを再認識させられました。

最近、お昼にテレビをつけると、韓国の番組ばかりが目につきます。

電車に乗っても韓国や中国の人も多く見かけます。

「日本の修学旅行は、どの高校も韓国に行くようになればいいのに・・」

「九州と韓国に海底トンネルをつくればいいのに・・」と言う人もいます。

これから、日本と韓国、お互いの良さを補い合うような、新しい時代が築けたら・・と思うのは私1人ではないのでしょう。

|

2010年8月 1日 (日)

下村治が提唱した成長戦略

こんにちは、山本節子です。

今日は、竹中平蔵先生の最後の授業でした。

タイトルは「下村治が提唱した成長戦略」。

下村治氏は、竹中先生のあこがれの方だったそうです。

「点を見るだけで、線を引き、その背後にある空間のわかる人。人を見るだけで、その人の宇宙がバア~ンとわかる人」という下村氏の説明から始まり、

・精緻な理論に基づいて、現実的な問題を見ることができる
・全体をみるビジョンにすぐれている
・それを解決する信念を持っている

「こんな人は、今なかなかいない・・・」という紹介から、下村治の理論に入りました。

今回5回にわたって、アダムスミス、ケインズ、シュンペーター、ハイエクとフリードマン、下村治と6人の経済学者とその時代背景にある経済の流れを勉強しました。

「経済学ありき」ではなく、「問題が起こり、その問題を解決するスキルとして経済理論ができた」その背景を時代ごとに見てきました。

今、日本が置かれている失業問題、企業の海外進出や海外移転による大空洞化、人口減少・・・問題は山積みです。

参加者のみなさんは、各人の問題意識や日本のおかれている危機感を感じて参加された意識の高い方ばかり。

最後の懇親会は、先生を囲んでの問答が息つくヒマもないほど行われ、竹中先生の瞬時に判断される適格性と、温かみのある人間的と素晴らしいお人柄を学ぶことができました。

経済学の内容もさるものながら、私にとってはそれが1番の学びとなりました。

「その人を見ると線を引き、背後の宇宙を見ることができる」

竹中先生のますますのご活躍をお祈りしたいと思います。

|

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »