« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

2013年1月31日 (木)

学資保険の選択肢が増えました!

こんにちは、山本節子です。

明治安田生命の勉強会に参加してきました。

当保険会社は、今年の1月28日から「学資保険」を発売されたそうで、その勉強会でした。

学資保険というと、これまで、ソニー生命とアメリカンファミリーの会社が有名。

その理由は受取率が高いことです。

当商品は、とにかく1%でも受取率を高くしたいという意向で、2社に負けないくらい高い受取率をつけているそうです。

1、子供の成長に合わせ、教育資金が計画的に準備できる

2、契約者が万が一の時は、保険料の払い込みが免除される

これらは、ほかの会社と同じですが、そのほかの特徴としては・・・

・払込期間が子供の年齢が15歳になった時に満了

・満18歳、19歳、20歳、21歳の4回に分けて受け取る

いずれも、死亡保障と貯蓄性の両方があります。

「カタカナの会社は大丈夫でしょうか?」と心配だった方は、選択肢の1つに入るかもしれませんね。

ところで・・・Imgp1287


雑誌「もも百歳」の「家計簿の活用」の取材を受けました。

|

WAFP関東の勉強会:草食投資隊に聞く

こんにちは、山本節子です。

久しぶりに、お金の勉強会に参加しました。

WAFP関東の勉強会です。

タイトルは、「草食投資隊に資産運用に関する素朴な疑問をぶつけてみよう!」

講師は、

渋澤 健さん(コモンズ投信株式会社会長)
中野 晴啓さん(セゾン投信株式会社代表取締役社長)
藤野 英人さん(レオス・キャピタルワークスCIO)

お3人とも、直販型(直接投資信託を販売する方法)の投資信託会社を経営されています。

「草食投資隊」を結成されたいきさつは、下記に書かれています。楽しそうですね。

http://somerise.net/sousyoku.html

WAFP関東の研修委員があらかじめ参加者に質問を募集して、その流れに沿って、お応えしていただくという方法でした。

その中で、藤野さんが、「日本の投信の98%は不真面目な投信です」と、おっしゃったのが印象的でした。

もちろん、お3人の投資信託は、うなぎ登りに基準価格もあがっており、信託報酬も少なく、真面目な投資信託でした。

毎月分配金が収益からではなく、純資産から出し続けている金融庁の内情も、チラッとお伺いすることができました。

懇親会にも参加してくださり、最後の別れ際に、明日も3人でお会いするそうで、

「じゃぁ、また明日ね!」と挨拶されていたのが、印象的。

パイを奪い合う投資の世界に、「草食」という言葉に違和感を感じていた私は、なんだかとても納得しました(笑)。

現在、長期投資を啓蒙するために、全国をキャラバンされているそうです。

|

FP技能検定試験問題の漏洩に関して

こんにちは、山本節子です。

すでに、報道等でご存知の方も多いと思います。

1月27日(日)に実施されたFP技能検定試験のうち、金融財政事情研究会のほうの試験問題が、試験実施前に漏洩したとの発表が、厚生労働省よりありました。

今回、私たちのFP3級講座で受験された方は、全員FP協会の試験を受けられたと思います。

ただ、FP協会でも、FP2級と3級の学科は、金融財政事情研究会と同じ試験問題です。

何らかの影響を受けることも考えられます。

この取り扱いに関しては、まだ決まっていませんが、随時、FP協会のHPに掲載されています。

ご心配だと思います。

これに関連してのお知らせは、随時下記のHPに掲載されています。

ご覧下さいね。

http://www.jafp.or.jp/about/info/info_20130128.shtml

|

2013年1月19日 (土)

2013年度税制大綱(自民党案)

こんにちは、山本節子です。

1月も、はやいもので半月過ぎましたね。

今週は少し調整がありましたが、昨年末から株価がうなぎ昇りです。

金曜日の引けの日経平均10913円は、なんと303円高。

ドル円も、90,06円で引けました。

株価の久々の上昇局面にたいして、バブル後20年間も停滞が続いてきたせいか、慎重になりすぎている人もいるようです。

個人的な感触としては、バブルに向かっていった当時の力強さを感じます。

この効果をアベノミクスと言うそうですが、いつまで続くのか誰にもわからないのでは・・・

同時に、2013年の税制大綱の取り決めへ向けて、税制面でもいろいろな動きが挙げられています。

・富裕層への増税として、所得税の最高税率40%⇒45%

・相続税の最高税率50%⇒55%

・住宅ローン減税が、2017年まで4年間延長。最大控除額400万円。所得税と住民税の減税枠で使い残した部分のある人へは、残った金額を現金で支給。

・相続時精算課税制度は、これまで65歳以上の親⇒20歳以上の子どもが、60歳以上の親⇒20歳以上の子供と孫の教育費を上限1500万円非課税

・投資を促進するため、損益通算の対象を、現在の株式や株式投信以外にも、公社債や公社債投信にも広げる

・相続税の非課税枠を、現行から「3000万円+600万円×法定相続人の数」へ引き下げ

・企業に対しては、平均給与増をした企業へは、法人税の控除・・・

これから野党との話し合いや国会の審議がありますが、2013年度の税制大綱は、これまでなかなか進まなかった多くの改正がありそうです。

目が離せないですね。

|

2013年1月 3日 (木)

明けましておめでとうございます!

2013年、明けましておめでとうございます!

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

Imgp1282

我が家の元旦は、家族そろっておせちとお雑煮を頂き、平穏な良いお正月でした。

2日は、家族で書き初めをして、お昼から箱根駅伝の往路をテレビで応援していました。

3日は、日本橋のオフィスに年賀状を取りに行ったら、高島屋周辺は人だかりで鈴なり。

DICビル前は、各大学のブラスバンドやチアガールの応援合戦も華々しく、一緒に交じって周りの人と話しながら、選手たちを待っていました。

15分くらい待つと、日体大がトップ。

アッという間に走り去りました(笑)。

その後、5分近く待っていると、東洋大が2位。

そして、3位、4位・・・

みんなの応援も、力が入ります。

20130103133640

帰りの自宅近辺では、歩道を子供達が集団で走っている光景が目に入りました。

今年も、充実した良い1年でありますように!

|

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »