« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月

2015年1月22日 (木)

「老子」の講義

こんにちは、山本節子です。

昨日は、みぞれまじりの雨。

冷たい1日でしたね。

午前中は、今年初めての「老子」講義に出席しました。

始めて参加の方も多かったせいか、「性善説」や「性悪説」などの東洋思想の基本のお話がありました。

「性善説」と「性悪説」というと、漢字の意味からして、「人間は、元来善であるか、悪であるか」という、二元論ととらえがちです。

昨日のお話しは・・・

「性善説」は、「自分の中に自分を抑制する力がある」

「性悪説」は、「自分の中に自分を抑制する力が少ない」

だから、「性悪説」は法家の思想など、法律で人間を外側から抑制しようという思想だと。

とてもわかりやすい解釈でした。

昨日は、「俗薄第18~異俗第20」まででした。

「還淳第19」の中には、「見素抱朴、少私寡欲(素を見はし朴を抱き、私を少なくし欲を寡くせよ)」」がでてきます。

現在の格差社会や複合都市は、幾重にも問題が折り重なっているため、安心立命を追求するには、心の持ちようが難しくなっているけれど、「素朴、少私寡欲」で過ごしていると、頼りないけれども、確実に1人1人の心の持ちようを変えられるとのこと。

帰りも、みぞれまじりの雨でした。

|

2015年1月19日 (月)

「響」の一文字!

こんにちは、山本節子です。

早いもので、1月も20日を迎えようとしています。

明日は大寒!

二十四節期の最後の節期です。

1月20日~立春の前日の2月3日前くらいが1番寒い頃。

この頃は受験シーズンなので、受験生は、風邪を引かないような対策を立てて下さいね。

ところで・・・

我が家は、お正月に家族で書初めをしています。

今年1年の気持ちを漢字で書いていますが、今年は、「響」の一文字を選びました。

今年は、「自分の心に響くこと、人の心に響くこと」を意識して過ごしたいと思います。

そして、1昨年から始めた「歌を歌うこと」も、「さらに・・・」をめざしたいと思います。

Dscn02881

|

2015年1月 2日 (金)

今年の一文字は「節」

2015年、明けましておめでとうございます!

新年恒例の今年の漢字一文字は、「節(せつ)」が選ばれました。

「阪神淡路大震災から20年の節目の年」という意味があるそうです。

私の名前と同じということもあり、大きな紙に「節」と書かれた時には、とても驚きました。

節目というと、何かが終わり何かが始まる意味もあります。

〇終わりの年

昨年は、末っ子の結婚式がありました。

これで、3人の子どもが素敵なパートナーがをもつことができ、家族も増えました。

FPの仕事を15年間、従事したことになります。

○はじまりの年

時代を前に進める一助となれるような、具体的な活動をしたいと思います。

私の師の1人でもある田口佳史先生の本日のメルマガには・・・

「おわりを全うし(慎終)、はじまりを丁寧に(慎始)。これこそが天命に基づき、道に従って生きることです。」と記されていました。

毎日毎日を、明るく前向きに過ごしたいと思います。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。

Dscn02621
               (北区古河庭園にて)

|

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »