« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年4月

2015年4月25日 (土)

「うみやまあひだ」の映画

こんにちは、山本節子です。

二子玉川109シネマで「うみやまあひだ」の映画を見てきました。

この映画は、10年間、伊勢神宮の写真を撮り続けた宮澤正明監督の作品です。

彼が式年遷宮を見届けて・・・

「なぜ日本人は、千年以上もこの儀式を絶やさず祈りを続けてきたのか」という問いから、

森林山岳海洋の自然と共存共栄を意識して生きてきた日本人の神々への畏敬・祈りが随所に表現されています。

見ている私たちの胸の奥まで、日本人であることのノスタルジアな響きを思い出させてくれます。

写真や動画が中心で、音楽や12人の識者のコメントで構成されています。

識者の1人が、「今こそ、1000年という長い単位で物事を見ていく段階にあるのでは・・・」というコメントが印象的でした。

初日ということもあり、館内に響き渡る尺八の演奏や、「よ~いよい、よ~いよい!」という木曾木遺り衆による生唄がありました。

25日、26日のチケットは完売のようですが、27日からは入場可能のようです。

http://umiyamaaida.jp/

|

2015年4月24日 (金)

「ママのための子育て講座」開催しました!

こんにちは、山本節子です。

早いもので4月も後半。

1年の3分の1が終わろうとしています。

昨日は、「ママのための子育て講座 2回目」を開催しました。

「ママのための子育て講座 1回目」は、東京ウイメンズの和室。

お子さまも一緒で、お子さまをあやしながらのセミナーになりました。。

私は可愛い赤ちゃんを見ながらセミナーができるので、とても幸せな気分ですが、お母さんたちは赤ちゃんのお世話をしながらなので、落ち着かなかったかもしれません。

赤ちゃんはお母さんと同室なので、ニコニコ満面笑顔です!

2回目は、会議室と保育室を借りて、保育士さん達もお願いしました。

お母さん達は落ち着いてセミナーに身が入りますが、別室の赤ちゃんは、セミナーが終わるまで我慢、我慢…

終わるとママに会えた安心感で泣きだしてしまい、ちょっとかわいそうな気も・・・。

いろいろ試行錯誤のセミナーでしたが、それぞれ学ぶことが多く、とくに現役ママさんたちの声が聞けることはとても楽しかったです。

ご参加してくださったみなさま、本当にありがとうございました!

|

2015年4月10日 (金)

コーチングの上級試験(CPCC)の合格証書が届きました!

こんにちは、山本節子です。

今日は花冷えで、肌寒いですね。

昨日、CTIジャパンから、コーチングの上級試験に合格したことを証する合格書が届きました。

Dscn04211


CPCCは、(Certified Professional Co-Active Coach)の略で、基礎⇒応用⇒上級コースを終了し、筆記試験と口頭試験に合格して、やっと合格という流れになります。

プロのコーチとして、これまで磨いてきたことを証されたものです。

考え方となる礎の1つに、「人はもともと創造力と才知にあふれ、欠けるところのない存在である」と言う文章あります。

孟子の中にも、「萬物、皆、我に備わる」という文章があります。

すべてのものは、みんな人間1人1人の中に備わっているという考え方です。

西洋(コーチング)も東洋(孟子)も同じことを言っています。

帰一(すべて1つに帰る)ですね。

|

2015年4月 3日 (金)

「大学の道は、明徳を明らかにする」を開催しました。

こんにちは、山本節子です。

第2回「親子で素読」の「大学」編を開催しました。

「大学」は、わが国で言われる学校教育の「小学⇒中学⇒大学」の意味ではなく、

「大いなる学び」という意味です。

「大学」の冒頭には、「大学の道は、明徳を明らかにするにあり」と、書かれています。

今年の大河ドラマは、「花燃ゆ」。

その中で吉田松陰先生が、

「あなたは何のために学ぶのですか?」

「あなたの学ぶ意味は何ですか?」

「あなたの志は何ですか?」

と、高杉晋作や久坂玄瑞や伊藤博文などの弟子に問いています。

それは、「大学」の冒頭の言葉、「大学の道は、明徳を明らかにするにあり」や孟子の説く「義」によるのです。

これらのことは、戦後、まったくなじみがありませんが、江戸時代には、多くの人が「大学」をはじめ、四書五経を素読していたそうです。

春休み、文京区にある鳩山邸宅の桜を見に行きました。

以前、音羽通りに住んでいたので、何度も訪れたことがありますが、桜の季節は初めて。

鳩山一郎の書棚には、「易経、論語、大学、老子、孝経」などの本が並んでいました。

明治時代のリーダーも愛読していたのですね。

Dscn04161

人格形成の上で欠かせない「克己・修身・立腰」などの東洋思想の素晴らしさは、少しでも触れると、その意味の深さに驚きを覚えます。

|

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »