« 2018年謹賀新年 | トップページ

ウィーンの国立オペラ座!

こんにちは、山本節子です。

先週、中欧3か国めぐりに行ってきました。

オーストリアのウィーンでは、丁度、土曜の夕方から、国立オペラ座でプッチーニの「ラボエーム」を開演するという情報をゲットし・・・

早速サイトから購入しようとしましたが、sold out!
インターネットからも完売で断念!wobbly

あきらめて、当日午後から開催のオペラ座案内(当日の申込みが可能、日本語で案内してくれます)に行きました。

その時、なんと、当日券の転売をしている人がいたので、約7000円でチケットを購入!
(日本でオペラ鑑賞するより、安い値段です)

Photo
写真は、予約席から撮ったもの。
舞台の右端は見ずらいものの、端末で日本語案内もあるので、十分堪能できましたnote

Dscn21371

ロングドレスやタキシードや黒の正装の方が多いものの、私のような旅行者も何割かいます。カバンの隅にアクセサリーを持ってきていて役にたちました。

コートと大きい荷物は、劇の始まる前にロッカーに預けます。

ウィーンの国立オペラ座は、アジアの中で唯一日本語バージョンの案内があり、優雅に堪能でき、オススメの場所です。

|

« 2018年謹賀新年 | トップページ

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事