« あなたは右脳派?それとも左脳派?(8) | トップページ | 第2章のはじめに・・・ »

2018年12月 4日 (火)

子どもの心を感じるには、まず自分の心を感じる(9)


心を感じることが苦手と思っているあなたへ

自分は左脳が強いと感じているあなたへ

子どもの心を感じられるようになる方法があります。

それは、子育てをしながら自分の心に起こっている心の変化に耳を澄ましてみることです。

子どもの寝顔を見ながら、「どうして今日はイライラしたんだろう」など考えてみましょう。

夜、窓から見える静かな月を見ながら、「どうして今日は感情が大きくゆらいだんだろう」などと考えてみましょう。

子どもの成長記録とともに、自分の心の日記をつけてもいいですね。

心が揺らいだ原因を考えてみると、明日からの自分の心の取り扱い方を知ることができます。そして、「明日はこうしてみよう」という自分の中からわきあがってくる言葉を大事にしましょう。

自分の中にすべての答えがあるのです。

子どものためなら、どうすればいいのかの答えが見つかります。


少し難しい言葉ですが、「不立文字 教外別伝(ふりゅうもんじ きょうけべつでん)」という言葉があります。禅の教えを表わす言葉のひとつです。文字や言葉では教えられず、自分で体得するしか答えを得ることができないという意味です。

子どもの泣き声の奥にある見えない子どもの心を感じるようになるには、意識して感情を感じるように心がけるしかありません。

この見えないものを見ることができる人を「達人」といいます。
達人の領域になるには、禅でいう修行が必要です。

この道理と同じように、子育ては、この「見えないものを感じる」修行をしていると思ってはどうでしょうか。

心がけることを励んでいるうちに、子育てだけではなく、人育ての達人になる可能性もあります。

「見えないものが見えるようになる」と、人の取り扱い方が巧みになり、社会に出ても大きな武器になります。社会で働くときに人の扱い方が上手なことは、最強のスキルです。

子育てを経験することによって、大きなスキルアップができると考えたら、大変な子育ても頑張ってできるというものです。

子育てをすると、喜んだり悲しんだり不安になったり‥と、いろいろな感情の経験をたくさんすると思います。

その自分の心をまっすぐ感じて味わってみましょう。

人の心と自分の心は2つではありません。同じ人間の心です。

« あなたは右脳派?それとも左脳派?(8) | トップページ | 第2章のはじめに・・・ »

「育児」カテゴリの記事