« 怒りの構造を知る(32) | トップページ | ストレスのコントロール方法を知る(34) »

2019年12月 8日 (日)

怒らないコツはストレスをためこまないこと(33)

ストレスにはいろいろな感情があります。


「イライラ、不安、体調に自信がない、疲れる、淋しい、悲しい…」などのマイナスの感情です。
そんなストレスをため込んでしまったらどうなるでしょうか。
いつかは爆発してしまうことでしょう。

ストレスが第1次感情としたら、怒りは第2次感情です。 

イライラがないと怒る必要もありません。
ですから、「イライラがたまったな」と思ったら、少しづつそのストレスを解消させましょう。

これが怒らないコツです。
イライラのコントロールですね。

ここ最近をふりかえって、怒りで頭にきたことはありますか?思い出してみましょう。
そして、そのときに何のストレスがあったのか思い出してみましょう。

ストレスのたまったもう1人の自分に、どんな言葉をかけてあげたいですか?

「イライラしているみたいだね(アイ・メッセージ)」

「子どもがいうことを聞かないから?(質問1)」⇒「イエス・ノー」

「そんな自分に、どんな言葉をかけてあげたら、ストレスがなくなると思う?(質問2)」⇒どう付き質問」

「毎日よく頑張っているね!(励まし)」

耳を澄まして自分の心を感じてみましょう。

イライラや怒りは抑える必要はありません。いけない感情でもありません。
どんな優しいお母さんでもイライラや怒りはつきものです。

1度も、子どもに怒ったことのないお母さんはいないでしょう。

誰でも子育て中にイライラや怒りはつきものです。

ただ、子どもに怒りをぶつけないで、自分の心をコントロールする方法を知ればいいだけです。

« 怒りの構造を知る(32) | トップページ | ストレスのコントロール方法を知る(34) »