« 怒らないコツはストレスをためこまないこと(33) | トップページ | 夫とのつきあいかた(35) »

2019年12月13日 (金)

ストレスのコントロール方法を知る(34)

ここでは、ストレスのコントロール方法を10通りご紹介します。
イライラやストレスを感じ始めたとき、「私は〇〇の方法でストレスのコントロールをする」というものを見つけてみて下さい。

(1)心の思い込みを変える

「心の思い込みを変える」とは、たとえば、日曜日になって「今日は子どもと遊べる」と思うのか、「今日は子どもにつきあわないといけないので、自分のやりたいことができない」と思うのかで、気持ちが異なってきます。もちろん前者のほうが気持ちよく1日が過ごせますね。

「〇〇すべき」より、「〇〇できる」と思ったほうが、前向きで幸せな1日が過ごせます。
この方法は、思い込みを変えるので「リフレーミング」と言います。

(2)このことが良いことになると思う

これも思い込みを変える方法と同じです。
困ったことが起こっても、「これは丁度いい。これは神様が私を試している」などと前向きに考えると、1日を明るく過ごすことができます。

(3)その場所を変える

イライラを断ち切るために、「ちょっとトイレに行ってくるね」などと、今いる場所から1人になる場所をさがして、心を静めたり切り替えると、気持ちがリフレッシュできます。

(4)数秒待つ

カァ~となったときにすぐに怒って反応しないで、手のひらに理由を書いたり深呼吸をするなどして、数秒待って、その間に心を静める

(5)「ありがとう日記」をつける

今日1日の日記をつけて、「〇〇できてありがとう」と、すべての出来事の終わりに「ありがとう」の感謝する言葉で締めくくる

(6)子どものできるようになったことを書きだしたり、子どもの前で言う

「歩けるようになったし、1人でご飯を食べれるようになったし…」と言い続けると、話すことで明るい気持ちになったり、聞いている子どもも嬉しくて自信にもなる

(7)「〇〇する」、「〇〇しない」とアンカーを決める

子どもを叱りたくなったら、自分の胸を叩くなどの行動を制御する決まり(アンカー)を決めておく

(8)相談できる人を決めておく

1人で問題を抱え込まないように、同じ年代の子どもを持つママ友や自治体の子育て相談など、困りごとを相談する人や公的機関を決めておいて相談する

(9)1人の時間を作って息抜きをする

夫や家族に子どもを預けたり、一時保育を利用して気晴らしをする時間を作るなど、ストレス解消の時間をつくる

(10)瞑想や呼吸法で感情をととのえる

自分が夜寝る前などにヨガ、散歩、座禅、瞑想タイム、深呼吸などで、感情を整えることを習慣にする

 

いかがでしたか?

何か参考になる方法は見つかりましたか?

その他にも・・・

「前日にできるだけ準備をしておいて、翌日時間に追われないようにすると、イライラが減る」

「高級チョコを食べて、自分だけの至福の時間を楽しむ」

「子育てを完璧にしようと思わない」・・・など、ママ達からの経験談も聞きます。

あなたなりのストレスの解消方法を見つけて、どうかストレスと上手につきあってください。

« 怒らないコツはストレスをためこまないこと(33) | トップページ | 夫とのつきあいかた(35) »