« お母さんの力はすばらしい!(38) | トップページ

2020年2月 3日 (月)

あとがき

30年前に私が子育てをしていたころは、学歴重視や偏差値教育の全盛期でした。
その後、東日本大震災をキッカケにいろいろな価値観が変化しています。

今は、時代の転換期と言ってもいいくらいです。

子育ても例外ではありません。
「こうしたら子育ては成功」というレールはありません。少なくとも、第2反抗期以降の自分で人格をつくりはじめるまでは、子どもの成長の足を引っ張らないように気をつけて頂きたいと思います。

たとえば、「ひと一倍敏感だったり、ひと一倍育てにくかったり…」という子どもの性格でさえ、「困ったこと」と否定的にとらえるのではなく、11人の顔かたちが違うように、その個性をまるごと受け入れて頂きたいと思います。すると、将来自分で人格をつくる頃になると、その個性は人とは異なる魅力的なキャラクターとして、11人の美しい花や実をつけるようになると思います。

その土台をつくってあげて頂きたいと思います。

しかし、時代が変わっても変わらない考え方もあります。本書は、つぎの3つの考え方を土台に書きました。

(1)修身・斉家・治国・平天下

(2)修せざれば証せざる

(3)萬物、皆我に備わる

(1)は、四書五経の「大学」が出典です。

「修身」は自分の感情をコントロールすること、「斉家」は愛情のあふれた明るい家庭づくりの意味です。すると国も治まり世の中が平和になるとあります。

子育ては毎日のことです。毎日の生活の中で、お母さんが自分のストレスをコントロールしながら心を整えて、夫や子供たちが喜んで家に帰って癒しが得られるような憩いの場をつくることが、家庭の1番の役割です。

(2)は、「修行しなければ見えてこない」という考え方で、道元禅師の言葉です。

子育ては修行と同じです。「子育て」という修行をすることにより、見えてくるものや気づくことがたくさんあります。
一番は自分が何者かが見えてきます。

(3)は、「すべての答は自分の中にある」という考え方で、孟子の言葉です。

雑誌や検索サイトで子育て情報を得ても、たくさん情報がありすぎて、どうしてよいのかわからなくなってしまいがちです。
最終的にどう判断してどう行動するのかは、自分の中に答えがあります。
「どうしたらいい」と迷ったら自分に質問してみましょう。

さらに、子どもに質問して聞きましょう。子育ては子どもが主役だからです。

子育てをしていると、いろいろな不安や悩みが出てくると思います。まるで霧の中の迷路をさまよっている気分がするときもあるでしょう。

1つの問題には、プラスとマイナスの相反する答えがあります。矛盾と言います。
その矛盾した状況を集中して考えることにより打開策がひらめいてきます。
子育てに、「これが絶対正解」はありません。子どもの将来のために、お父さんとお母さんが一生懸命に集中して考えることにより、「我が家はこうしてみよう」という解決策が見つかります。

「それが正解」です。

このブログは、拙本「誰も教えてくれなかった!お母さんのための楽しい子育て38のコツ」をブログにまとめたものです。
この本が書けたのも、これまで子育てセミナーで感想を言ってくださった父母の皆様、そして、これまで中国古典の考え方を教えてくださいました恩師のおかげです。 

この場を借りて、心より厚くお礼と感謝を申し上げたいと思います。 

 

« お母さんの力はすばらしい!(38) | トップページ