« 老子(道徳経):顕質八十一 | トップページ | 道(タオ)と子育て »

2020年5月11日 (月)

道(タオ)

「老子(道徳経)」には、大宇宙の中で、人間がどう生きれば良いかの方法が書いてある。

昔から道のことを、大宇宙、TAO(タオ)、萬物の母、サムシンググレートという。
道(大宇宙)は天地を生み、天地は萬物(人)を生む。

道は、萬物を生み出す源泉である

道は、私たちに生き方をアドバイスしてくれる。
困った時には空を見上げて、道と対話をしてみよう。
道には大きな力があり、私たちにヒントをくれる。

だから、「道のあり様を自己のあり様として生きる」と間違いがない。
道と同行なのである。

人は、道の片割れ(小宇宙)であり、道の真理を内面に持つ。
道と人は一体であり、フラクタルである。

そして、道には、この世のバランスをとる力がある。
道の力で片寄りを調和させる。

だから、やりすぎると反動がある。
うまくいけばいくほど謙虚であることが、片寄りを調和させるコツである

 

« 老子(道徳経):顕質八十一 | トップページ | 道(タオ)と子育て »